みてみりんは豊橋の情報を掲載するデジタルサイネージです

免責事項

みてみりんに掲載されている情報は、個々の情報発信者より発信された掲載当時の情報であり
当サイトではその内容の正当性について一切の保証しません。
掲載されている情報は、最新の情報とは異なる可能性もございますので、予めご承知おきください。
それらの情報に関するお問い合わせにつきましては、個々の情報発信者へお願い致します。

また、みてみりんをご利用頂いたことにより発生したいかなる損失や損害などの被害について、
当サイトでは責任を負いかねます。予めご承知おきください。

お問合わせ

システムに関するお問い合わせ、またはサイネージへの広告掲載に関するお問い合わせは以下にお願い致します。

メールアドレス

contact@mi.temirin.jp

電話番号

0532-44-1111
株式会社サイエンス・クリエイト
オープンデータ担当まで
(月~金曜日 9:00~12:00、13:00~17:30) ※祝祭日ならびに当社休日は除きます。

フェイスブックやツイッターからキャッチした豊橋の今の情報や、市民参加型のオープンデータ活用コンテンツにより観光地やグルメ情報をどんどん発信していきます!

「豚にワクチン接種を」県内議員有志が要望


 衆参議員と県議、市議ら17人で構成する「愛知県における豚コレラ対策の早期実施を求める有志議員団」は9日、大村秀章知事へ「豚コレラの早期根絶に向けた対策に係る要望書」を提出。豚へのワクチン接種を求めた。
 豚へのワクチン接種を実施した場合、国際獣疫事務局(OIE)から「非清浄国」に認定され、豚肉の輸出が難しくなるため、国は慎重な姿勢を示している。
 同議員団の要望は、豚へのワクチン接種、農家への補償、被害農家への手当金非課税措置、10㌔圏内にある農家の特例出荷、国の調査結果公開、水際対策強化の6つ。
 県公館で大村知事へ要望書を手渡した重徳和彦衆議院議員は「岐阜で発生してからまもなく1年。長期化しており、地元の農家を苦しめている。1日も早くワクチン接種を実施してほしい」と述べた。
 同議員団の関健一郎衆議院議員は「私が知っている中で養豚業をあきらめた人が3人いる。豚コレラを封じ込めて生産者の皆さんにきめ細やかな支援をしてほしい」と訴えた。
 またこの日は養豚農家3人も同席。「三河おいんく豚」を生産する西尾市の養豚農家・渡邉勝行さんは「対策にも限界がある。大多数の農家はワクチン接種を求めている。愛知から率先して農家を守ってほしい」と強い口調で訴えた。
 大村知事は「きょうの意見をしっかり聞いて、引き続き農家への支援、消費対策、野生イノシシの撲滅に取り組みたい」と応じ、ワクチン接種については具体的言及を避けた。
 同議員団は同日、富田育稔東海農政局長に対しても同要望書を提出した。
(木村裕貴)
現在位置が取得できないか圏外のため、豊橋駅を中心に表示します。

過去のニュース