みてみりんは豊橋の情報を掲載するデジタルサイネージです

免責事項

みてみりんに掲載されている情報は、個々の情報発信者より発信された掲載当時の情報であり
当サイトではその内容の正当性について一切の保証しません。
掲載されている情報は、最新の情報とは異なる可能性もございますので、予めご承知おきください。
それらの情報に関するお問い合わせにつきましては、個々の情報発信者へお願い致します。

また、みてみりんをご利用頂いたことにより発生したいかなる損失や損害などの被害について、
当サイトでは責任を負いかねます。予めご承知おきください。

お問合わせ

システムに関するお問い合わせ、またはサイネージへの広告掲載に関するお問い合わせは以下にお願い致します。

メールアドレス

contact@mi.temirin.jp

電話番号

0532-44-1111
株式会社サイエンス・クリエイト
オープンデータ担当まで
(月~金曜日 9:00~12:00、13:00~17:30) ※祝祭日ならびに当社休日は除きます。

フェイスブックやツイッターからキャッチした豊橋の今の情報や、市民参加型のオープンデータ活用コンテンツにより観光地やグルメ情報をどんどん発信していきます!

一西S がましん杯2連覇

 第7回蒲郡信用金庫(がましん)杯兼第40回東三河少年軟式野球選手権大会は25日、田原市滝頭公園野球場で準決勝と決勝が行われ、一西シャークスが6―1で栄ドリームズに勝ち、昨年に続いて2連覇を達成した。
 準決勝の第1試合では、一西Sが6―5で東田チェリーズに競り勝った。一西Sは2回に先制を許したが、4回に怒濤(どとう)の猛攻で4点を奪い逆転、最後までリードを守り切った。
 第2試合は栄Dの打線が爆発。序盤から連打で得点を重ね11得点で大勝した。
 決勝では、初回に一西Sが加藤天蘭と中村真央の連続適時打で2点先制した。
 5回にも相手の失策を見逃さず1点を追加し、6回は竹林大和の内野安打と彦坂宗志の中前打で大きく突き放した。
 先発の彦坂、継投の酒井優成ともに安定した投球で試合を組み立て、投打で2連覇に貢献した。
 大会は、県軟式野球連盟東三河連合会が主催し、同連盟田原支部が主管。蒲郡信用金庫、東海日日新聞社などが後援した。
現在位置が取得できないか圏外のため、豊橋駅を中心に表示します。

過去のニュース