みてみりんは豊橋の情報を掲載するデジタルサイネージです

免責事項

みてみりんに掲載されている情報は、個々の情報発信者より発信された掲載当時の情報であり
当サイトではその内容の正当性について一切の保証しません。
掲載されている情報は、最新の情報とは異なる可能性もございますので、予めご承知おきください。
それらの情報に関するお問い合わせにつきましては、個々の情報発信者へお願い致します。

また、みてみりんをご利用頂いたことにより発生したいかなる損失や損害などの被害について、
当サイトでは責任を負いかねます。予めご承知おきください。

お問合わせ

システムに関するお問い合わせ、またはサイネージへの広告掲載に関するお問い合わせは以下にお願い致します。

メールアドレス

contact@mi.temirin.jp

電話番号

0532-44-1111
株式会社サイエンス・クリエイト
オープンデータ担当まで
(月~金曜日 9:00~12:00、13:00~17:30) ※祝祭日ならびに当社休日は除きます。

フェイスブックやツイッターからキャッチした豊橋の今の情報や、市民参加型のオープンデータ活用コンテンツにより観光地やグルメ情報をどんどん発信していきます!

東三河の食材でジェラート開発


 県は9日、豊橋市東七根町の「道の駅とよはし」で「東三河の豊かな食材を使って!スイーツ開発のヒントを探る講習会」を開いた。飲食事業者や専門学校生ら約60人が参加した。
 2016年からの取り組みで、新たな「ご当地スイーツ」の開発に取り組む事業者を支援するのが狙い。来年2月26日開催の試作品評会を前に、参加者らは新商品開発のヒントを得た。
 この日は、イタリア最大のジェラートの祭典でアジア人初の世界チャンピオンとなったジェラート職人の柴野大造氏が食材の活用法を実演を交えて指導を行った。
 冒頭、柴野氏は「どんな味が驚きと感動を与えることができるか知ってもらいたい。おいしさには必ず科学的根拠がある。皆さんの感性と科学を融合させたジェラートを作ってほしい」と述べた。
 地方の食産業について「若い時は東京にお店を持つのが夢だったが、今は石川県から世界へジェラートを発信している。地方からでも十分に世界で通用する商品を作ることができる」と力強く語った。またシャーベットに近いジェラートについて「素材である果物よりもおいしくしなければ作る意味がない」とした上で「固形分・水分・空気を2対1対1のバランスを保って作ることが大事」とアドバイスした。
 実演では、「JAあぐりパーク食彩村」で購入した梨・イチジク・キュウリ・干し柿の4種類を使ったジェラートを試作。このうち小島梨のジェラートは、レモンの皮も加えて味に輪郭をつけ、香りと甘みを引き立たせてみせた。
 参加者らは「なるほど」と感心した様子で試食を行い、地元食材を生かしたスイーツに舌鼓を打った。イベントの委託先企業である稲葉俊穂サイエンス・クリエイト常務は「地方から全国へ、世界へとつながる架け橋になるような商品が出てきたらいい」と語った。
(木村裕貴)
現在位置が取得できないか圏外のため、豊橋駅を中心に表示します。

過去のニュース