みてみりんは豊橋の情報を掲載するデジタルサイネージです

免責事項

みてみりんに掲載されている情報は、個々の情報発信者より発信された掲載当時の情報であり
当サイトではその内容の正当性について一切の保証しません。
掲載されている情報は、最新の情報とは異なる可能性もございますので、予めご承知おきください。
それらの情報に関するお問い合わせにつきましては、個々の情報発信者へお願い致します。

また、みてみりんをご利用頂いたことにより発生したいかなる損失や損害などの被害について、
当サイトでは責任を負いかねます。予めご承知おきください。

お問合わせ

システムに関するお問い合わせ、またはサイネージへの広告掲載に関するお問い合わせは以下にお願い致します。

メールアドレス

contact@mi.temirin.jp

電話番号

0532-44-1111
株式会社サイエンス・クリエイト
オープンデータ担当まで
(月~金曜日 9:00~12:00、13:00~17:30) ※祝祭日ならびに当社休日は除きます。

フェイスブックやツイッターからキャッチした豊橋の今の情報や、市民参加型のオープンデータ活用コンテンツにより観光地やグルメ情報をどんどん発信していきます!

豊橋美博で1回目の「東三河新春書展」


 東三河を代表する書道家92人の作品が一堂に集う「第1回東三河新春書展」(東三河新春書展運営委員会主催、豊橋市教育委員会共催、東愛知新聞社など後援)が7日から12日まで豊橋市美術博物館で開かれる。6日は作品の搬入が行われた。入場無料。
 これまで東愛知新春書展として19回の歴史を重ねてきた展覧会が、東三河新春書展と名称を改め再出発。これまで同様、流派・会派を超えて漢字、かな、近代詩、てん刻など、さまざまなジャンルの作品を展示する。筆運びや文字の表現方法、墨色、余白の使い方など、あらゆる角度から書の魅力を堪能できる。
 今回は書道と音楽の融合を目的に、7日午後2時からは琴、12日午後2時からはリコーダーの演奏もあり、こちらも楽しめる。
 同展運営委員会では「書道を通して、日本文化の素晴らしさの一端を感じてほしい」と来場を呼び掛ける。
(竹下貴信)
現在位置が取得できないか圏外のため、豊橋駅を中心に表示します。

過去のニュース